JEEFについて

JEEF(ジーフ)とは

 公益社団法人日本環境教育フォーラム(JEEF:ジーフ)は、体験と対話を重視した環境教育で、持続可能な社会づくりを担う人材を育成するNGOです。

 (JEEF : Japan Environmental Education Forum)

 『人を育てる、世界を変える。』 

Vision  ~ 実現したい社会

 かけがえのないこの地球で、次の世代も心豊かに、笑顔で暮らしていけるよう、多様なパートナーと協働しながら持続可能な社会の実現を目指します。

Mission ~ わたしたちが取り組むこと

 地球環境をはじめ、複雑に絡み合う様々な問題の解決に向けて、表面的な知識を与えるのではなく、『体験と対話を重視した環境教育』によって、「自ら課題を見つけ、学び、考えて行動できる人材」を育成します。

C3_CIMG1570_   
 
■ SDGsへの貢献

 JEEFは、おもに SDGs4「質の高い教育をみんなに」を通して、環境課題をはじめ複雑に絡み合う様々な社会課題の解決への道すじを示し、SDGs達成にむけて貢献していきます。
SDGs(持続可能な開発目標)って?

   
 

JEEFの活動を見る

 

JEEF設立の経緯

 1987年に『自然体験を通した環境教育』の実践者の交流の場である「第1回清里フォーラム(現:清里ミーティング)」が開催され、その事務局が母体となって1992年に日本環境教育フォーラムが設立されました。

 1997年: 環境省所管「社団法人」取得

 2010年: 内閣府所管「公益社団法人」取得

清里1987

ロゴマークについて

 黒く太いのは樹木の幹であり、人類の意志を表しています。緑の葉は子どもたちであり、新しい時代に向けての希望です。

 このマークは私たち日本環境教育フォーラムだけのものではなく、環境教育に挑戦する全ての人々の共通のものとして考えています。

【ロゴマーク制作】 浅葉 克己 氏(アートディレクター)

logo