教員免許状更新講習@学習院大学

プログラム(予定)

3日間を通して実習(体験)と講義をくり返すことで、学び(Learn)、学び合い(Co-learn)、学びほぐし(Unlearn) という 3 種類の学びのプロセスを体験します。ご自身がアクティブ・ラーナ―になる感覚を味わうことで、手法にとらわれ過ぎずに児童・生徒の主体性を引き出すポイントを掴んでいきます。

1日目:2/22(土)10:00~18:00(受付は9:30~10:00)

講義&実習1
(栗原)
「アクティブな学びとは?」
「主体的・対話的で深い学び」(アクティブ・ラーニング)の本質を解説し具体的な活動も交えて学び合える場について検討します。
実習2
(中野/川嶋)
*入替制
A「教えるより学び合う場をつくろう」(中野)
教員生活の中で得てきた授業体験をふりかえり、子どもたちが主体的に学び合える場づくりについて検討します。
B「アクティブな授業を実現するKP法」(川嶋)
言いたいことをシンプルに伝える「KP 法」のやり方を学び、実際に授業や会議に おいて活用できるようにします。

2日目:2/23(日)9:30~17:30

講義2
(諏訪)
「SDGs時代の学校教育」
「持続可能な社会の創り手」の育成が学校教育の目標となったSDGs時代、学習の内容や方法をどのように刷新するべきか検討します。
実習3
(諏訪・栗原
/川嶋)
「持続可能な社会をつくるための教育」
持続可能社会型教育システム(学校教育 3.0)について、ABD(アクティブ・ブッ ク・ダイアログ)を用いた「深い学び」を体感します。
実習4
(川嶋/中野)
*入替制
A「アクティブな授業を実現するKP法」(川嶋)
言いたいことをシンプルに伝える「KP 法」のやり方を学び、実際に授業や会議に おいて活用できるようにします。
B「教えるより学び合う場をつくろう」(中野)
教員生活の中で得てきた授業体験をふりかえり、子どもたちが主体的に学び合える場づくりについて検討します。

3日目:2/24(月振)9:30~16:00

実習5
(川嶋/
諏訪・栗原)
「この講習の 1 日目・2 日目で学んだこと、考えたこと、気づいたことを学校(または ご自身の現場)で同僚の先生方に伝える KP」
KPの作成と発表練習の後、KP発表をします。お互いにフィードバックをして、グループ内で意見交換を行います。
まとめ
(全講師)
「3日間のふりかえりと質疑応答
3 日間の学びをふりかえる対話セッションと、講師へのQ&Aタイムです。
試験
(川嶋)
筆記試験(60分)
各講師から出された4題から3題を選択し、それぞれについて記述問題に回答してください。

※プログラムはあくまでも予定で、受講者のニーズに合わせて一部変更する場合があります。