機関誌「地球のこども」

転職のススメ

文:柴崎 薫

サンデンフォレストとは?

私の働いているサンデンフォレストは、『森の中にある工場』です。自動販売機工場の周囲が森に囲まれており、64ヘクタールの敷地の半分が工場、半分が森というところです。産業第一の考えではなく、周囲の自然とマッチした工場をということで、11年前(2002年)に作られました。サンデンという会社の一事業所であるサンデンファシリティという子会社が、サンデンフォレストの管理・活用を行っており、私はそこにいます。

今は、小中学校の受入れプログラムの提供、主催イベントの実施が主ですが、このサンデンフォレストがどうしたら地域の役に立つかということ、また、社員がこのフィールドに愛着を感じる場所にしていくことがこれからのテーマです。

Exif_JPEG_PICTURE

ヤママユガの幼虫

ヤママユガの幼虫

 

森に里山生物がいっぱい! 飼育しているオオムラサキ

森に里山生物がいっぱい! 飼育しているオオムラサキ

職場を変えて自分をリセット!

私はこちらの紙面でもおなじみの、JEEF自然学校指導者養成講座の5期生でした。修了後、千葉自然学校で4年半、国際自然大学校で1年、怒涛の毎日!? を過ごし、群馬にある国立赤城青少年交流の家へ来ました。そこで2年勤め、今年の4月からサンデンフォレストへ。ということで、群馬3年目なのです。

転職が得意なわけではありません。環境が変わると、緊張、新しい人間関係の構築、ルーチンワークの習得など、ストレスも高いです。でもやはり、職場が変わることで得るものが本当に多い! 特に、自然学校から国の施設である交流の家、そして今の企業へ移った時は、変化が大きいものでした。いろんな価値観の中でやっていくこと、お金の使い方、取り組み方、いままで当たり前だと思っていたことが覆える瞬間もあります。しかし、そういう時こそ、指導者としての自分の使命を問い直す時であり、慣れ親しんだ環境を離れることで、自分に足りないもの、目指したい方向がすっと見えてくることがあるのです。

何年か自然体験の現場で経験を積んだ方は、ぜひ思い切って転職することをおススメします! 必ず自分自身を成長させてくれるはずです。

子どもたちの日常と非日常を行ったり来たりしながら関わる仕事。やっぱり笑顔はパワーの源

子どもたちの日常と非日常を行ったり来たりしながら関わる仕事。やっぱり笑顔はパワーの源

至った心境・これからの取り組み

そのように複数の職場を経て、実感するものがあります。

1:こだわりを捨てる

同じ仕事をしている限り、正直どこに行ってもやっていることに大きな違いがないように感じます。いいものは自分の団体にとどめず、広く使えるようにしたり、人気のあるキャンプだったら、1団体にとどめず複数で実施したり、ある部分はこだわりを捨て、みんなでレベルアップするような取り組みをすることも次の世代の選択肢だと思います。

2:地域で子どもを育てること

群馬に来てそう思うようになりました。自然学校時代は事業で、やってみたいことを何でもさせてもらえたので、猛烈にがんばれたのです。そして限界も見えました。限界を打破するには、違うベクトルの力が要る、そんなことを感じるようになりました。各組織が連携し、人材・フィールド資源・資金・情報・人脈・備品など… それぞれの得意分野を持ち寄れば、もっと多くの実を結ぶ取り組みができるはずです。予算の問題もありますが、その次元を越えた、社会問題の解決に向けた事ができるのではないでしょうか? そんな取り組みをしていきたいと思っています。その形の1つに、地域の方と一緒に、地域の子どもを育てる仕組みづくりがあります。

そして最後に、いつかまた今の場所からいなくなるときが来るでしょう。その時、自分がいないと続かないものではなく、いなくても続いていくものを残すことが私の責任です。まだその責任を果たしたと感じたことはありません。今度こそ、しばらく今の場所でじっくり取り組みたいと思っています。

サンデンフォレスト内の「森の教室」にて 工場建設時のプレハブの現場事務所を再利用している

サンデンフォレスト内の「森の教室」にて 工場建設時のプレハブの現場事務所を再利用している

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

柴崎 薫(しばさき かおる )

1981年生まれ。JEEFの研修生になるまで自然学校のことは全く知らなかったが、そこで自分に合う仕事がやっと見つかったと思った。好きなことは登山。今年はトレランに挑戦し、走ることが好きになった。好きな言葉は「今を生きる」。好きな本は「ゲド戦記」
サンデンフォレスト

2013年12月号

カテゴリー

最新の記事