機関誌「地球のこども」

2016年7、8月号

地球のこども2016年7月号

03 特集 特集:自然学校の今

Mission Complete 高木 晴光((旧)NPO法人ねおす)
白神山地からのメッセージ 谷口 哲郎(岩木山自然学校)
富山から世界へ! フォーラム参加者でつくった環境市民宣言 本田 恭子(とやまエコひろば)
Awareness 〜気づきの力を育てる〜 岡田 淳(アースマンシップ)
伝統漁法が伝える昔の宮川 大西 かおり(大杉谷自然学校)
幼児から大人まで 〜米子水鳥公園における長期的環境教育プログラム〜 桐原 佳介(米子水鳥公園)
カエルの胃は福袋!? 〜石垣島で取り組む外来生物問題〜 大堀 健司(エコツアーふくみみ)

10 復興支援リポート 災害からの学び 〜学生たちの熊本災害ボランティア〜 [高田 研]
11 投稿 地球に暮らそう 〜豊かに暮らす知恵と術〜 [加藤 大吾]
13 国際事業コラムパート2  第1回 バングラデシュ現地からの環境レポート [佐藤 秀樹]
15 事業レポート JICA草の根技術協力事業 ブータン王国ハ県における地域に根ざした持続可能な観光開発と人材育成プロジェクト
地域の若者たちの溢れるパワー!ローカルガイド研修
17 事業レポート バングラデシュ国スンダルバンス地域における漁師の持続的なマングローブ林の利用と生物多様性保全を通じた生計向上プロジェクト
漁師の自然資源の適切な利用による生計向上を目指して!
19 事業レポート バングラデシュ環境開発協会(BEDS)の誕生秘話
21 事業レポート

バングラデシュ・スンダルバンス地域における漁師を対象としたイルカとカメの保全のための普及啓発活動
行政と地域の連携意識向上とモニタリングシステムの構築・強化

23 オススメ絵本 どんなお天気も楽しくなる絵本
24 清里ミーティング
30周年コラム
第2回 第1回の思い出 [垂水 恵美子]
25 事務局より
26 考えるっておもしろいかも!?パート2 第5回 学びの環境を考える2-ファシリテーション編 [鴨川 光]

編集/デザイン:高松敬委子  表紙イラスト:金沢まりこ

掲載記事

地球の子どもとは

『地球のこども』は日本環境教育フォーラム(JEEF)が会員の方向けに年6回発行している機関誌です。
私たち人間を含むあらゆる生命が「地球のこども」であるという想いから名づけました。

本誌では、JEEFの活動報告を中心に、広く環境の分野で活躍される方のエッセイやインタビュー、自然学校、教育現場からのレポートや、海外の環境教育事情など、環境教育に関する幅広い情報を紹介しています。
会員以外の方へは、1部600円で販売も行っていますので、ご希望の方はお問合せください。

お問合せ先

以下のフォームもしくは、ファックス(03-5834-2898)にてご投稿ください。

機関誌 お問い合わせフォーム 入会案内

「会員の声」を募集しています

機関誌『地球のこども』では、会員の皆様からご意見募集しています。皆様から寄せられたご意見は、「会員の声」のコーナーに掲載させていただくことがございます。

【投稿内容】

  • 文字数:200字程度
  • 投稿者情報:都道府県、年齢、性別、ご所属、ご氏名(ペンネーム、匿名可)

※ 編集部にて採用を決めさせていただきます。
※ 編集部で文章を編集する場合がございます。

「投稿記事」を募集しています

環境教育に関する活動や情報を記事として寄稿していただける方を募集しています。

【投稿内容】

  • 文字数:タイトル、本文1000または2000文字
  • 関連するお写真数点
  • ご自身の顔写真 プロフィール
  • 形式:原稿はワードファイル、画像はJPEG

※ 編集部にて採用を決めさせていただきます。
※ 編集部で文章を編集する場合がございます。

ご投稿・お問合せ先方法

以下のフォームもしくは、ファックス(03-5834-2898)にてご投稿ください。

「会員の声」投稿フォーム