機関誌「地球のこども」

2019年7、8月号

02 特集 特集:地域を動かす移住者たち

招かれざるヨソ者からのメッセージ 辻 英之(NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター)
地域コミュニティと共につくる子育てや暮らし 福元 豪士(NPO法人HUB&LABO Yakushima)
能登半島暮らしで見つけた、地域と人を結ぶ仕事 齋藤 雅代(えんなか合同会社)

09 地域の課題解決あの人に聞きました!
第7回 人や社会の課題を外部の人が「思える」社会に [山口泰昌]
10 超大 狩猟免許を取る!
第2回 ハンターになるまでの道のり [加藤超大]
11 考えるって面白いかも!?パート4
第9回 子どもの学びをまん中にした関わり方 [鴨川 光]
13 事務局より
裏表紙 JEEF理事のイマコレ! 今注目していることはなんですか?
身近な自然としての身体 [河原塚 達樹]

編集/デザイン:高松敬委子  表紙イラスト:アウリンコ

掲載記事

地球のこどもとは

『地球のこども』は日本環境教育フォーラム(JEEF)が会員の方向けに年6回発行している機関誌です。
私たち人間を含むあらゆる生命が「地球のこども」であるという想いから名づけました。

本誌では、JEEFの活動報告を中心に、広く環境の分野で活躍される方のエッセイやインタビュー、自然学校、教育現場からのレポートや、海外の環境教育事情など、環境教育に関する幅広い情報を紹介しています。
会員以外の方へは、1部600円で販売も行っていますので、ご希望の方はお問合せください。

お問合せ先

以下のフォームもしくは、ファックス(03-5834-2898)にてご投稿ください。

機関誌 お問い合わせフォーム 入会案内