教職員等環境教育・学習推進リーダー育成研修

プログラム・デザイン・コース研修内容

 このコースは、環境教育等促進法に基づき、体験型環境教育の質の向上や専門的な人材育成を目的に設立した「体験の機会の場」研究機構と連携して行います。
 持続可能な社会を構築するための取組と環境教育・ESDとの関係を五感を使って体験し、多様な主体と共感を分かち合いながら、体験活動を企画・実践するための視点や双方向型のコミュニケーションについて学びます。
 対 象:NPO/NGO、民間企業、行政関係者、学校教職員、大学生・大学院生等
    (環境教育や体験活動、地域づくりに関心のある方)
 定 員:各回25名  ※複数の回にご参加も可能です。
 参加費:無料

参考:「体験の機会の場」 https://edu.env.go.jp/system.html

研修の内容は、次の通りです。
注1)研修の内容は、随時更新します。また、研修内容や開催時間を変更する場合があります。
注2)研修の参加費は、無料です。
注3)集合場所や研修会場への交通費・昼食代等は、自己負担といたします。
注4)傷害保険・損害賠償保険の加入をいたします。
注5)複数のコースにお申し込みできます。
注6)各回、最寄りの主要な駅から送迎バスをチャーターする予定です。

2020年(令和2年)度

日時:11月11日(水)
    10:00~16:00
会場:(株)相愛(高知県高知市)

送迎バス:高知駅北口9:30出発
復路は現地⇒高知駅⇒高知空港
同行専門家:小澤 紀美子 先生
      (東京学芸大学 名誉教授)

   ★終了しました

「地域と共に築く循環型社会」~地域の資源を生かした環境教育
◇オリエンテーション
◇会社説明・環境教育事例紹介
◇体験プログラム
◇昼食(お弁当持参 or 地域食材のお弁当(有料))
◇「認定体験の機会の場」の見学(社屋等の見学)
◇ワークショップ「今日の体験をふりかえり、体験型教育を考える」
◇学校とつながるためのワンポイントアドバイス

施設の紹介
ウエブサイト:株式会社相愛

共催:「体験の機会の場」研究機構、運営協力:株式会社相愛

日時:11月17日(火)
    11:00~16:00
会場:(公財)キープ協会
    (山梨県北杜市)

送迎バス:小淵沢駅前10:10出発
復路は16:40~17:00小淵沢着予定
同行専門家:松井 孝夫 先生
  (群馬県立中央中等教育学校 教諭)

   ★終了しました。

「自然との共生を目指す」~清里高原での環境教育
◇オリエンテーション
◇環境教育施設見学(1):山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター
◇昼食(お弁当持参 or キープ協会内の施設利用(有料))
◇環境教育プログラム体験:清里高原の森にて実施 ◇環境教育施設見学(2):清泉寮やまねミュージアム
◇環境教育概論
◇ふりかえり
◇学校とつながるためのワンポイントアドバイス

施設の紹介
ウエブサイト:公益財団法人キープ協会

共催:「体験の機会の場」研究機構、運営協力:公益財団法人キープ協会

日時:12月8日(火)
     11:00~16:00
会場:サンデンフォレスト(群馬県前橋市)

送迎バス:高崎駅東口周辺9:30出発
復路は17:30~17:50高崎駅着予定
同行専門家:關口 寿也 先生
  (東京都多摩市立南鶴牧小学校 校長)
      松井 孝夫 先生
   (群馬県立中央中等教育学校 教諭)

  ★申込受付は12/1まで!

「“森の中の工場”での環境教育」~環境と経済の共存
◇オリエンテーション
◇サンデンフォレストの環境への取組み(講義) ※工場見学はリモートとします
◇昼食(お弁当持参) ※対コロナで今年度は社員食堂をご利用いただけません
◇フィールド体験(小学5年生社会「国土の自然環境と生活」の森林に関する単元に対応した森を学ぶプログラムの体験)  ※天候による変更の可能性あり
◇ワークショップ「今日の体験をふりかえり、体験型教育を考える」
◇学校とつながるためのワンポイントアドバイス

施設の紹介
ウエブサイト:サンデンフォレスト・赤城事務所

共催:「体験の機会の場」研究機構、運営協力:サンデン・ビジネスアソシエイト株式会社

日時:1月15日(金)
   10:00~16:00(予定)
会場:石坂産業(株)
   (埼玉県入間郡三芳町)

送迎バス:新所沢駅orふじみ野駅周辺で発着
集合・解散時間:調整中
同行専門家:棚橋 乾 先生
 (東京都多摩市立連光寺小学校 校長)

  ★申込受付は1/8まで!

「企業が里山保全に取り組む」~里山保全から見た人と社会との関わり
◇オリエンテーション
◇体験型環境教育の事例紹介、体験型環境教育のプログラムデザインの留意点
◇体験型環境教育の体験
◇昼食(お弁当持参 or 地域食材を使ったお弁当(有料))
◇ワークショップ「体験型環境教育プログラムのデザインについて」
◇デザインの発表
◇ふりかえり
◇学校とつながるためのワンポイントアドバイス

施設の紹介
ウエブサイト:石坂産業株式会社

共催:「体験の機会の場」研究機構、運営協力:石坂産業株式会社

日時:1月22日(金)
     10:00~16:00
会場:(株)中特ホールディングス
   (山口県周南市)

送迎バス:徳山駅周辺で発着
集合・解散時間:調整中
同行専門家:石田 好広 先生
      (目白大学 教授)

  ★申込受付は1/15まで!

「ダチョウへの給餌体験を通して学ぶ食品ロスとリサイクル」
◇中特グループの環境事業と地域との関わりについて
◇昼食
◇産業廃棄物リサイクル工場の見学とダチョウの給餌体験
◇学校とつながるためのワンポイントアドバイス
◇瀬戸内の海を臨みながらワークショップ(中特グループの事業や取組を通してESDについて学校と企業との連携を模索する)

ウエブサイト:株式会社中特ホールディングス

共催:「体験の機会の場」研究機構、運営協力:株式会社中特ホールディングス

日時:2月12日(金)
   10:00~16:00(予定)
会場:(株)オガワエコノス
   (広島県府中市)

送迎バス:福山駅周辺で発着
集合・解散時間:調整中
同行専門家:關口 寿也 先生
  (東京都多摩市立南鶴牧小学校 校長)

  ★申込受付は2/5まで!

「地域・学校・行政と連携した環境教育活動」
◇オリエンテーション
◇「体験の機会の場としての活動紹介(オガワエコノス)」
◇本山工場見学&廃棄された家電の解体体験
◇昼食(お弁当持参 or 地元名物・府中焼き(有料))
◇事例紹介「行政・学校と連携した環境学習について」
 (環境教育を連携している行政、学校の先生から事例発表)
◇参加者同士の意見交換(地域・学校・行政が連携した環境教育活動について)
◇学校とつながるためのワンポイントアドバイス

施設の紹介
ウエブサイト:株式会社オガワエコノス

共催:「体験の機会の場」研究機構、運営協力:株式会社オガワエコノス

※「体験の機会の場」研究機構のプログラム実施は、各施設の担当者が行います。
 プログラム実施者のほかに、学校で取り組む環境教育・ESDの専門家が同行します。学校とつながるためのワンポイントアドバイス等、教職員が学校で外部施設を利用する場合や、企業・NPO等の施設で生徒を受け入れる場合のポイントを解説する予定です。
※「体験の機会の場」研究機構は、こちらをご覧ください。

プログラム・デザイン・コースお申込 FAXの場合は、こちらをダウンロードしてださい。

お申込フォーム(プログラム・デザイン・コース)

以下のフォームを入力の上、送信してください。

*は必須項目です。
翌日までに自動返信のメールが届かない場合は、きちんと申し込みがされてない場合があります。恐れ入りますが事務局までお問い合わせ下さい
自動返信メールにある問いにお答えいただいて受付完了となります。

以下の内容で送信致します。 修正がある場合は戻るボタンを押してください。

お申し込みありがとうございました。

ご記入いただいたメールアドレスに自動送信メールが送信されます。


翌日までに自動返信のメールが届かない場合は、きちんと申し込みがされてない可能性がありますので事務局までお問い合わせ下さい。

お名前*
姓と名の間に半角スペースを入れてください
ふりがな*
姓と名の間に半角スペースを入れてください
性別*

  

男性女性
年齢(半角数字)*
郵便番号(半角数字)*
所属先(勤務先)住所をご記入ください。例:116-0013 ※ハイフンを入れてください
都道府県*
例)東京都
市区町村以下の住所*
例)荒川区西日暮里5-38-5 日能研ビル1階
TEL(学校・職場等)*
例)03-5834-2897 ※ハイフンを入れてください
携帯電話*
例)090-1234-5678 ※ハイフンを入れてください
メールアドレス*
研修の資料等、添付ファイルでお送りすることがあります。受信可能なメールアドレスをご記入ください。
所属先名(会社名・団体名・学校名等)*
部署・役職
郵便物をお送りする場合がありますので、部署もご記入ください
受講希望のコース*
お一人で、複数の研修に参加が可能です。希望する研修がいくつかある場合は、お手数ですが1回ごとにお手続きください。
11/11(水) 相愛11/17(火) キープ協会12/8(火) サンデン・ビジネスアソシエイト1/15(金) 石坂産業1/22(金) 中特ホールディングス2/12(金) オガワエコノス
送迎バスの利用*
各回、最寄りの主要な駅から送迎バスをチャーターします。送迎バスをご利用にならない場合は、現地に集合してください
利用する利用しない
あなたはどんな目的でこの研修に参加しますか。
該当するものにチェックをしてください。(複数回答可)*
1.体験型の環境教育プログラムを受けたかった2.体験プログラムの企画・構成ポイントを学びたい3.地域資源の活かし方の具体例を知りたい4.地域内で連携をするためのヒントがほしい5.企業活動そのものに興味がある6.「体験の機会の場」の活動に興味があった7.「体験の機会の場」の認定取得を検討している8.体験を教育に落とし込むノウハウを知りたい9.学校との連携を図りたい10.職場や知人から参加を勧められた
研修の情報はどこでお知りになりましたか。1つだけお選びください。*
1.環境省のホームページ/プレスリリース2.文部科学省のホームページ3.文部科学省/教育委員会からの案内4.地方公共団体からの案内5.環境省地方環境事務所/地方EPOからの案内6.ESD活動支援センターからの案内7.以前の参加者からの紹介8.「体験の機会の場」研究機構からの案内9.チラシを入手10.新聞、テレビ、ラジオ等メディア11.インターネット検索12.事務局(日本環境教育フォーラム)からの案内13.その他

お問い合わせ先 --------------

【研修会運営事務局】
〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5 日能研ビル1階
公益社団法人日本環境教育フォーラム内 担当:金久保
【TEL】03-5834-2897(水・金曜日11:00~16:00) 【FAX】03-5834-2898
【E-mail】esd-kenshyu@@jeef.or.jp(@を1つ削除してご送信ください)
  ※新型コロナウィルス対策として交代制で出社しております。
   可能な限りメールでのご連絡をお願いいたします。